Javaの開発環境構築

Javaの開発環境構築

はじめに

コマンドラインからJavaプログラムをコンパイル+実行できる環境の構築を行う。

下記環境にインストールしています。
OS : Microsoft Windows10 Pro 64Bit版

もくじ

1.JDKダウンロード

ココからJDKをダウンロードする
※ダウンロードには、Oracleプロファイル(アカウント登録)が必要になる
少し手間

2.JDKのインストール

(1) JDKインストーラーの実行

ダウンロードしたJDKインストーラーを実行する

(2) JDKのインストールが始まる

「次」をクリック

「次」をクリック(何も変更しない)

「次」をクリック(何も変更しない)

「閉じる」をクリック

3.環境変数の設定

(1) システムプロパティを開き、「システムの詳細設定」をクリック

※システムプロパティの起動は、「Windowsキー」+「Pause/Breakキー」

(2) システムのプロパティ – 詳細設定

「環境変数(N)…」をクリック

変数列の「Path」をクリックして選択状態にして、「編集(E)…」をクリック

「新規(N)」をクリック

JDKのインストール先パスを追加する
(例 : C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_211\bin )

「上へ(U)」ボタンをクリックして、追加した項目を一番上に移動する
移動できたら「OK」ボタンをクリック

「OK」ボタンをクリック

「OK」ボタンをクリック

 

4.コマンドプロンプトから確認

コマンドプロンプトを起動して下記コマンドからJava(JDK)がインストールされている事を確認する
※コマンドプロンプトの起動方法はコチラ

コマンド : java -version

5.Javaプログラムの作成準備

Javaプログラムを保存するフォルダを作成する

コマンド : mkdir フォルダ名(ディレクトリ名)

例 : mkdir java_src
※フォルダの作成場所 : C:\Users\lightbox\

作成したフォルダに移動

コマンド : cd 移動先フォルダ名(ディレクトリ名)

例 : cd java_src
※フォルダの移動先(フルパス) : C:\Users\lightbox\java_src

Javaプログラムのソースコードファイル(拡張子.java)を用意する

今回は、「sample.java」というソースファイルを「java_src」フォルダに作成する
※ソースファイルの作成場所 : C:\Users\lightbox\java_src\sample.java

sample.javaの中身は下記

 

6.Javaプログラムをコンパイル

コマンド : javac Javaプログラムソースファイル(拡張子.java)

例 : javac sample.java

コンパイルに成功するとクラスファイルが作成される

例 : sample.class

7.Javaプログラムを実行

コマンド : java クラスファイル名(拡張子.classは不要)

例 : java sample

実行するとプログラムが動く

Javaカテゴリの最新記事