インストール直後のUbuntu16.04 LTSに、WordPressが動作する環境を構築する手順[所要時間:10分]

インストール直後のUbuntu16.04 LTSに、WordPressが動作する環境を構築する手順[所要時間:10分]

1.概要

インストール直後のUbuntu 16.04 LTSに対して、
WordPressが動作する環境を構築する手順です。

今回の環境構築でインストールする項目は、下記の通りです。

  • SSH
  • Apache Ver2.4.x
  • PHP Ver7.x
  • MySQL Ver5.7.x
  • phpMyAdmin
  • vsftpd
  • Samba

※今回は、Window10上のVirtualBoxに作成した、Ubuntu 16.04 LTS(2021年4月までサポート)を使用します。
Ubuntu16.04をWindows10のVirtualBox上に作成したい場合は、こちらの記事を参照ください。

2.目次

3.事前準備

Guest Additionsをインストール

VirtualBoxにインストールしたばかりのUbuntuは何かと不便なので、
VirtualBoxのGuest Additions をインストールしておきましょう。

1.メニューバーの「デバイス」-「Guest Additions CD イメージの挿入…」を選択する。
2016-08-29_02h14_43

2.しばらくすると下図のとおりポップアップが表示されるので、「実行する」を選択する。
2016-08-29_02h16_33

3.パスワード認証画面が表示されるので、設定したパスワードを入力し、「認証する」を選択する。
※本HPですべてインストールしている場合の例は、「trustno1」
2016-08-29_02h17_31

4.インストールが開始されるので、しばらく待ちましょう。
2016-08-29_02h18_45

5.インストールが完了すると、「Press Return to close this window…」と出たら、Enterキーを押してください。
2016-08-29_02h21_03

6.「Guest Additions CD イメージ」を取り出しておきましょう。
2016-08-29_02h21_29

ターミナル起動

コマンドで設定をしていくので、ターミナル(端末)を起動させておきましょう。

1.「コンピューターとオンラインリソースを検索」をクリックすると検索窓が出てくるので、「terminal」と検索する。
下図の通り「端末」をクリックして起動する。
2016-08-29_02h26_49

2.「端末」が起動する。
2016-08-29_02h27_05

4.インストール方法

下記の通りのコマンドと設定をしていけば一通りWordPress環境が構築されます。
即席で環境を作るために、余計な設定や説明は省略します。

apt-get

下記コマンドで、パッケージをアップデートする

~$ sudo apt-get update
パスワードを聞かれたら「trustno1」と入力
※パスワード入力の際、一見入力されていないように見えるが、実は入力されているので注意

vim

初期状態ではvi(vim)の動作がおかしいので、
下記コマンドでvi(vim)を最新の状態にしておく

~$ sudo apt-get -y install vim

SSH

下記コマンドでインストール後、SSH接続できます。

~$ sudo apt-get -y install ssh

Apache Ver2.4.x

1.Apacheのインストール
~$ sudo apt-get -y install apache2

2.Version確認
~$ apache2 -v
Server version: Apache/2.4.18 (Ubuntu)
Server built:   2016-07-14T12:32:26

3.Apacheサーバの起動
~$ sudo /etc/init.d/apache2 start

PHP Ver7.x

1.PHPのインストール
~$ sudo apt-get -y install php
~$ sudo apt-get -y install php-mysql
~$ sudo apt-get -y install libapache2-mod-php
~$ sudo apt-get -y install libapache2-mpm-itk

2.PHPの設定
MySQL(MariaDB)用のライブラリを使えるように設定を有効化
~$ sudo vi /etc/php/7.0/apache2/php.ini
「extension=msql.so」のコメントアウト「;」を削除し、有効化する。

エラーメッセージをブラウザに表示するように設定を変更
[445行目付近]
;error_reporting = E_ALL & ~E_DEPRECATED & ~E_STRICT
↓コメントアウト「;」を消して、有効化にし設定値を「E_ALL」にする。
error_reporting = E_ALL

[461行目]
display_errors = Off
↓設定値を「Off」→「On」に変更
display_errors = On

3.Version確認
~$  php -v
PHP 7.0.10-2+deb.sury.org~xenial+1 (cli) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies
with Zend OPcache v7.0.10-2+deb.sury.org~xenial+1, Copyright (c) 1999-2016, by Zend Technologies

4.apacheの再起動
~$ sudo /etc/init.d/apache2 restart

MySQL Ver5.7.x

1.MySQLサーバのインストール
~$ sudo apt-get -y install mysql-server
※インストール中、MySQLのrootパスワードの設定を求められるので、設定する。
 今回は「trustno1」を設定する。

2.Version確認
~$ mysqld -V
mysqld  Ver 5.7.13-0ubuntu0.16.04.2 for Linux on x86_64 ((Ubuntu))

3.MySQLにログイン
~$ mysql -u root -p
Enter password:     ← 「trustno1」と入力する。

3.データベース作成
WordPressで使用するデータベース(今回は「wordpress」とするが任意で変更可)
を作成する。
mysql> create database wordpress;

4.MySQLから切断
mysql> exit;

5.外部から接続させるための設定編集
~$ sudo vi /etc/mysql/mysql.conf.d/mysqld.cnf

6.下記ををコメントアウトする
bind-address = 127.0.0.1

#bind-address = 127.0.0.1

7.MySQLの再起動
~$ sudo /etc/init.d/mysql restart
~$ sudo /etc/init.d/mysql start ←起動
~$ sudo /etc/init.d/mysql stop ←停止

phpMyAdmin

1.phpMyAdminのインストール

ターミナル端末より下記コマンドを実行する
~$ sudo apt-get -y install phpmyadmin

※途中「phpMyAdminを動作させるために自動再設定を行うwebサーバを選んでください。」
と出るので、「apache2」にチェック(※1)して<了解>を選択する。
また、MySQLのパスワードを聞かれるので「trustno1」入力する。
「データベースサーバにphpmyadminが登録するパスワードを入力してください。」も今回「trustno1」とする。

(※1)「apache2」を選択状態(アクティブ)で、スペースキーを押すと「*」(チェック)が入る

2.phpMyAdminの設定

1.アクセス制御

~$ sudo vi /etc/phpmyadmin/apache.conf
# 8行目あたりにアクセス許可するIPに以下追記

Require ip 127.0.0.1 192.168.23.0/24

2.シンボリックリンクの作成

ApacheからphpMyAdminにアクセスできるように、設定ファイルのシンボリックリンクを作成します。

~$ sudo ln -s /etc/phpmyadmin/apache.conf /etc/apache2/conf-available/phpmyadmin.conf (※2)

~$ sudo a2enconf phpmyadmin (※3)

(※2)下記項目が出た場合は、特に問題ないので次へ進んでください。
「~’./phpmyadmin.conf’の作成に失敗しました:ファイルが存在します。」

(※3)下記項目が出た場合は、特に問題ないので「Apacheのリロード」へ進んでください。
「Conf phpmyadmin already enabled」

3.Apacheのリロード

~$ sudo service apache2 reload

4.Apacheの再起動

~$sudo /etc/init.d/apache2 restart 

5.phpMyAdminを使う

ブラウザから下記URLにアクセスする

http://(サーバーのホスト名またはIPアドレス)/phpmyadmin/

例) http://localhost/phpmyadmin/
http://192.168.23.100/phpmyadmin/

vsftpd

こちらから

Samba

1.Sambaインストール
~$ sudo apt-get -y install samba

2.Sambaで共有するフォルダのパーミッションを変更
~$ sudo chmod 777 /var/www/html/

3.Sambaの設定
~$ sudo vi /etc/samba/smb.conf

#25行目付近の[global]の下に下記を追加する。
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932

50行目付近:コメント解除しアクセス許可IP追記
interfaces = 127.0.0.0/8 192.168.0.0/24 192.168.11.0/24 192.168.23.0/24 eth0

# 57行目:コメント解除
bind interfaces only = yes

# 最終行に下記を追加する。
[[html]]
path = /var/www/html
writable = yes
browseable = yes
guest ok = yes
guest only = yes
create mode = 0777
directory mode = 0777

4.Sambaの再起動
~
$ sudo service smbd restart

5.SambaをGUI画面から設定する場合は、下記コマンド
~$ sudo apt-get install system-config-samba
~$ sudo system-config-samba

※「SystemError: could not open configuration file `/etc/libuser.conf’: そのようなファイルやディレクトリはありません」と表示される場合は、下記をコマンドを実行する

~$ sudo touch /etc/libuser.conf
~$ sudo chmod 777 /etc/libuser.conf
~$ sudo system-config-samba

5.セキュリティ関連の無効化

ファイアウォールを無効にする

~$ sudo ufw disable

apparmor無効化(SELinuxみたいなもの)

~$ sudo service apparmor stop

Linuxカテゴリの最新記事