CentOS7の時刻設定(同期)

NO IMAGE

はじめに

Virtual Box上のCentOS7(7.6.1810)で、時刻がズレていたので対策する。

NTP(※1)サーバーから時刻を自動取得できるように設定する。

※1 正しい時刻へ同期するための通信プロトコル

もくじ

1. 現状確認

現在の時刻を表示するコマンド

$ timedatectl
Local time: 日 2019-05-05 03:51:15 JST
Universal time: 土 2019-05-04 18:51:15 UTC
RTC time: 土 2019-05-04 18:40:10
Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
NTP enabled: yes
NTP synchronized: no
RTC in local TZ: no
DST active: n/a

※このコマンドを実行した日時が2019-05-14なので、9日ほどズレている。

2. chronyのインストール

まずはchronyがインストールできるか確認

$ yum search chrony
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Determining fastest mirrors
* base: ftp-srv2.kddilabs.jp
~省略~
chrony.x86_64 : An NTP client/server

$ sudo yum install chrony.x86_64
※パスワードを聞かれるので入力する。
画面上は入力できていないように見えるが、実は入力されている

3. chronyの起動と確認

chrony起動コマンド

$ systemctl start chronyd
==== AUTHENTICATING FOR org.freedesktop.systemd1.manage-units ===

Authentication is required to manage system services or units.
Authenticating as: lightbox
Password:
==== AUTHENTICATION COMPLETE ===
※パスワードを聞かれるので入力する。
画面上は入力できていないように見えるが、実は入力されている

chrony状態確認コマンド

$ systemctl status chronyd
● chronyd.service – NTP client/server
~省略~
Active: active (running) since 日 2019-05-05 01:18:03 JST; 2h 35min ago
~省略~
※Active: activeとなっていたら問題なし。

4. 時刻の確認

現在の時刻を表示するコマンド

$ timedatectl
Local time: 日 2019-05-05 03:53:34 JST
Universal time: 土 2019-05-04 18:53:34 UTC
RTC time: 土 2019-05-04 18:42:18
Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
NTP enabled: yes
NTP synchronized: no
RTC in local TZ: no
DST active: n/a

※このコマンドを実行した日時が2019-05-14なので、まだ9日ほどズレている。
NTP synchronized: noなので、最終的に設定でここをyesにする。(次章で説明)

5.時刻を同期するNTPサーバーの確認

NTPサーバーの確認コマンド

$ chronyc sourcestats
210 Number of sources = 4
Name/IP Address NP NR Span Frequency Freq Skew Offset Std Dev
===================================
ntp3.jst.mfeed.ad.jp 27 14 99m -0.070 0.164 +2109us 334us
x.ns.gin.ntt.net 30 13 129m -0.086 0.088 -345us 237us
ntp-a3.nict.go.jp 33 18 125m -0.000 0.043 -17ns 128us
y.ns.gin.ntt.net 23 12 119m +0.021 0.124 -4084us 299us

6. chronyの再起動と確認

chronyの再起動

$ systemctl restart chronyd
==== AUTHENTICATING FOR org.freedesktop.systemd1.manage-units ===
Authentication is required to manage system services or units.
Authenticating as: lightbox
Password:
==== AUTHENTICATION COMPLETE ===

$ chronyc sourcestats
210 Number of sources = 4
Name/IP Address NP NR Span Frequency Freq Skew Offset Std Dev
===========================================
sv1.localdomain1.com 4 3 6 +3.321 933.253 +385us 80us
ntp-a3.nict.go.jp 4 3 6 -2.131 783.732 +19us 102us
ntp1.jst.mfeed.ad.jp 4 3 6 +72.932 3297.103 +231us 525us
ntp-a2.nict.go.jp 4 4 6 +15.968 413.444 -11us 49us

7. 時刻の確認

現在の時刻を表示するコマンド

$ timedatectl
Local time: 火 2019-05-14 13:14:38 JST
Universal time: 火 2019-05-14 04:14:38 UTC
RTC time: 土 2019-05-04 18:43:20
Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
NTP enabled: yes
NTP synchronized: yes
RTC in local TZ: no
DST active: n/a

※このコマンドを実行した日時が2019-05-14なので、時刻が正しく設定された。
NTP synchronized: yesとなっているので問題なし。

Linuxカテゴリの最新記事